パトロン募集

僕がよく通っているガールズバーに、麗ちゃんと言うお気に入りがいる。
他の女の子たちよりやや年上だが、年相応の魅力がある。頭一つ背が高くて、店の中でもお姉さん的な女性だ。
そして、僕にとっての「推しメン」なのである。
僕は、キャバクラのように体を密着させない分、ストレートに会話の応酬が楽しめるガールズバーの方が好きだ。
そんな中でお酒を飲みながらケラケラと健康的に笑う麗ちゃんは、僕の中では断然だった。
他のギャル系の女の子と子供のようにしゃべっているおっさんたちから離れて、僕は麗ちゃんを独占していた。
そんな折「七夕織姫コンテスト」なんて企画が始まった。七夕の日の週に店の女の子たちが浴衣姿を披露してくるので、そこで人気投票を行う企画だ。
優勝者には、店の一日店長になってもらい、投票してくれた人はご優待されるらしい。
店の方もちゃっかりしていて、お会計に応じて投票券を渡す仕組みなのだそうだ。商売だねえ。
・・・パトロン募集かよ・・・なんて思った。別にナンバーワンを決める必要もないのに、それぞれがそれぞれの推しメンを見つけたらそれでいいではないか。
と思ったのだが、よくよく考えてみるとこれはチャンスだ。
お金がない時に助けてくれる人を見つけてイギリスに語学留学したい
年齢が上な分、投票レースになると、おそらく麗ちゃんには出番がない。もっと若くてぴちぴちしたギャルはいっぱいいるからだ。
そんな中で、僕だけが麗ちゃんに投票する。投票券=僕の愛だ。麗ちゃんは数少ない自分への投票の中に僕を見つける。麗ちゃんのパトロン募集レースにおいて僕が先頭に躍り出るのだ。そして始まる二人の熱い一夜。妄想は果てしなく広がった。
そして、七夕の週。派手なギャル系の浴衣が目立つ中、麗ちゃんは芍薬をあしらったシックな浴衣で大人っぽさをさらに演出していた。さすが麗ちゃん、僕の好みがよくわかっている。僕は、その日、いつもより多く水割りを飲んで、たくさんもらった投票券を全て麗ちゃんに入れたのだった。
そして、開票日。店の中に貼られた投票結果を見て僕は唖然とした。
麗ちゃんがぶっちぎりのトップだったのである。
「みなさん、ありがとうございます。今日は私が店長です。たくさん飲んでいってください!」
麗ちゃんに投票したと思われる男たちが、おー!と声をあげる。僕は店の片隅で、他のお客と楽し気に会話している麗ちゃんを横目で見つつ、皆、実は彼女が美人であることに気付いていたんだな、と思いながら薄い水割りを喉に流し込んだ。
援デリ
裏垢女子

パパ募集掲示板

私は何かおいしいものが食べたくなったときは、パパ募集掲示板を使って食事をおごってくれる男性を探しています。この前はパパ募集掲示板で知り合った男性に焼き肉に連れて行ってもらったのですが、その男性が私のタイプの顔だったので、誘いを断ることができずホテルまでついていってしまいました。今まではパパ募集掲示板で知り合った人でも、数回食事をして仲良くなってからホテルに行くという流れだったので、大胆な自分にはびっくりしました。

ホテルに入ると彼はシャワーを浴びるというので、私はテレビで流れているアダルトビデオを何気なく見ていました。そのままボーっとしていると彼がお風呂から上がってきて、ビデオと同じことをしてみる?と聞いてくるのです。さすがにそれは恥ずかしかったので、拒否し私もお風呂に入りましたが、その後を彼が追ってきました。私の体を洗ってあげるというので、任せているといつのまにか手が私の股間に伸びてきます。
メス豚のように扱われる愛人になれたドMのOL27歳です。
そのまま手マンをされてしまい、泡のすべりの良さですぐに私は昇天。それでもしつこく手マンをされるので、このままではおかしくなってしまうと思い、私も彼のチンチンを手コキしてあげました。とても気持ちよさそうにしているので、今度は泡を洗い流して口でしゃぶってあげることに。すると今度は彼がクンニをしてくるので、自然とシックスナインの体勢に。お風呂場にお互いを舐め合う音が響いて、とてもいやらしい気持ちになりましたね。

最後は湯船の中に入って、挿入しました。水の中で挿入をすると動きがゆっくりになるので、いつもよりもじっくり責められる感覚があります。少しでも喘ぎ声を出すと響いて、恥ずかしく感じましたね。刺激的なエッチを楽しませてもらいました。
オナニー友達
オナニーの見せ合い

雌奴隷

うち、長野に別荘があるんだけど、それは、うちの祖父母がずっと使ってた別荘なのね。
もう歳で使わなくなってるから、私と旦那が時々様子見程度に遊びに来る程度なんだけど。
山の中でしょ、隣の別荘もわりと離れてるし、何をしても誰にも声も聞かれないし、見られることもない。
それで、、、うちの夫婦、その別荘に行った時は、雌奴隷とご主人様ごっこするんだよねー・笑
普段は雌奴隷ってキャラじゃないの、私。どっちかといったら、夫を奴隷扱いしてる方かな・笑
それで、時々立場逆転させるのも刺激になっていいのかもって思ったのが始まり。
うちの夫、優しいんだよね。それでストレス溜めてしまうことが多くて。
ストレス溜めたら溜めたで、ちゃんと解消してくれる人ならいいんだけど、うちの夫、それもできないの。
神待ち体験談
それで、髪が抜けたり、虫歯になったり、下痢したり、、、とにかく、体調が悪くなってしまうまで我慢するの。
時々息抜きさせてあげなきゃってずっと思ってたのよね。
それで、別荘で気分転換って思って、祖父母の別荘に来るようになったんだけど。。。
いっそのこと、立場逆転させてみたほうがいい気分転換になるのかも?って私が雌奴隷のフリしてみたの。
最初は、夫、困惑してたよ。だけど、しばらくしたら気付いたみたい。
「普段と違うことしてもいいんだ」って。
素っ裸で四つん這いになって歩いてあげたこともあったなー。
最近は、ちょっとSMグッズも買って見たんだよね。
そういう道具があった方が、普段と違う気分になれるんじゃないかって思ったから。
わりきり
割り切った関係